この検索条件では施設は見つかりませんでした

名古屋市昭和区の紹介

名古屋市昭和区について

昭和区は都心近くにありながら、興正寺公園などの自然環境も多く残っており、また地下鉄鶴舞・桜通線が区中央部を東西・南北に貫通しているなど都市基盤も整備されており、快適性・利便性に恵まれた地域です。  区内のほとんどが良好な住宅地で、中央部から東部にかけては住宅街がつづき、随所に商店街もあって落ち着いた町並みが形成されています。 また、西部の新堀川沿いの工業地帯も昨今では中高層のマンションが建ち、住宅・商業地区へと変貌しつつあります。  一方、山手通・八事界わい、それに石川橋・杁中には、ニューセンスのショップが立ち並び、若い人たちの人気を集めています。 興正寺の自然林や鶴舞公園などは、四季折々の風情が楽しめ、区民の格好の憩いの場となっています。 また、大学なども数多く、市内でも有数の文教地区でもあります。  恵まれた自然環境を大切にし、安全・快適で潤いのある「花と水と緑に彩られたまちづくり」をすすめ、新しい文化の息吹が感じられる魅力ある文教のまち、いきいきとした心のふれあうまちを目指しています。

名古屋市昭和区のシンボルマーク

昭和区のイニシャル「S」の広がりで、区の飛躍、発展を表し、幸運をよぶ四つ葉のクローバーを重ねてデザインしたものです。

名古屋市昭和区の花

ハナショウブ Japanese Iris アヤメ科

ノハナショウブを原種とする多年草で、多くの品種があります。6月頃茎の頂に大形の花を開き、紅紫・白・絞りなど花色も豊富です。 (平成元年11月制定)

名古屋市昭和区のキャラクター

昭和区のマスコットキャラクター

ボク、「ショウちゃん」。昭和区のマスコットです。 ボクは、昭和区のことが大好き。 まち中でボクを見かけたら、声をかけてね。 お友達になってください!

名古屋市昭和区の木

ハナミズキ Flowering Dogwood ミズキ科

春、黄緑色の小さな花を球状に咲かせます。花びらのように見えるのは、総包片です。白色のほか、赤や黄などに色づく種類があります。 (平成元年11月制定)

【介護療養型医療施設】療養病床とは

介護療養型医療施設は、略して「療養病床」とも呼ばれ、介護サービスを提供する病院や診療所。脳血管疾患や心臓疾患、がんなどの急性期治療が終わり病状は安定しているものの、長期の療養が必要な高齢者が暮らす施設です。

介護療養型医療施設 療養病床

今後2024年3月までに「介護医療院」という名称に転換される事になっています

介護療養型医療施設 療養病床のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市昭和区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の介護療養型医療施設一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の介護療養型医療施設一覧