この検索条件では施設は見つかりませんでした

名古屋市中村区の紹介

名古屋市中村区について

名古屋駅には、JRの新幹線及び在来線・名鉄・近鉄・地下鉄などが集中しています。 駅周辺には、数多くの企業・金融機関などの集まる高層ビルや、終日賑わいを見せるデパート・商店街・地下街があり、この地方の経済活動の中心的機能を果たしています。  また、JRセントラルタワーズやミッドランドスクエアなどの大型商業・業務ビルが建設され、デザイン都市名古屋のシティゲートにふさわしい都市景観となっています。  一方、中村公園一帯は戦国の英傑ゆかりの土地として名高く、豊臣秀吉を祭った豊国神社や加藤清正誕生地として伝えられる妙行寺などの史跡も多く残されており、また、区内の町や通りにはこれに因んだ名称のものがたくさんあります。  公園内の中村公園文化プラザにある「秀吉清正記念館」は、主に二公に関する資料を中心に収集・保管し、展示により紹介しています。  都市としての高度な機能と、「秀吉・清正生誕の地」としてロマンあふれる歴史とが共存する中村区は、相互の調和のとれた活力と魅力あるまちづくりをめざしています。

名古屋市中村区のシンボルマーク

全体は中村区の「中」を表し、左側にム、右側にラとした。今まさに大空に向かって飛びたとうとしている鳥のイメージを表現したものです。 昭和62年4月制定

名古屋市中村区の花

すいせん Narcissus ひがんばな科

フサザキスイセンの変種とされる多年草です。12月から4月にかけて、茎の先に直径3cmほどの白い花が数個、横を向いて咲きます。 平成2年3月制定

名古屋市中村区の木

サツキ Azalea Satsuki つつじ科

関東地方西部以西の河岸の岩の割れめに野生する常緑低木です。5月から7月にかけて、枝の先に、朱色または紅紫色の花をつけます。 昭和62年4月制定

【介護療養型医療施設】療養病床とは

介護療養型医療施設は、略して「療養病床」とも呼ばれ、介護サービスを提供する病院や診療所。脳血管疾患や心臓疾患、がんなどの急性期治療が終わり病状は安定しているものの、長期の療養が必要な高齢者が暮らす施設です。

介護療養型医療施設 療養病床

今後2024年3月までに「介護医療院」という名称に転換される事になっています

介護療養型医療施設 療養病床のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市中村区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の介護療養型医療施設一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の介護療養型医療施設一覧