ホーム > 愛知県の老人ホーム > 名古屋市の老人ホーム > 中川区の老人ホーム > 特別養護老人ホーム
愛知県名古屋市中川区の特別養護老人ホーム
7件中1〜7件表示
1
1

名古屋市中川区の紹介

名古屋市中川区について

市の中西部に位置する中川区は、区名の由来となった中川運河をはじめ、庄内川・新川など7河川が流れています。また、土地は低く、起伏の少ない平坦な地域です。  東部は、古くからの商店街を中心に発展を続け、中川運河沿いには鉄工所・木工所・倉庫などが立ち並び、工業地帯を形成しています。また、近年は中川運河沿いで水面を活用したアートイベントが行われるなど、新しい試みが行われてきています。  中央部は、区役所をはじめ主要な官公所が立地し、地下鉄高畑駅周辺は商業地域としても発展しています。また、前田利家生誕の地である荒子には、尾張四観音の一つである荒子観音寺をはじめ、多くの史跡があります。中でも荒子観音寺には、千体以上の円空仏や国の文化財に指定されている多宝塔があり、多くの観光客が訪れます。  庄内川以西の西部は、土地区画整理事業により宅地化が進み、各所に高層の公営住宅、マンション等が建設されています。また、国道302号線と名古屋第2環状自動車道が南北に通じ、東西に走る東名阪自動車道、名古屋高速5号線、国道1号線など幹線道路と接続され、名古屋の西の玄関口として、更に発展が期待されています。

名古屋市中川区のシンボルマーク

中川区の「中川」の文字を区の全形にデザイン化し、  川が多いという区の特徴を、文字の中にイメージしたものです。  昭和61年12月制定

名古屋市中川区の花

ハボタン Ornamental Kale あぶらな科

葉の集まりがボタンの花を思わせる、ヨーロッパ原産の1年草です。  キャベツと母種は同じですが、葉が美しいため鑑賞用とされます。  昭和62年5月制定

名古屋市中川区の木

クロマツ Black Pine まつ科

海岸近くに生育する常緑高木です。  潮風に耐えることから、防風・防潮林として用いられ、  松原や松並木の名所が各地にみられます。  昭和62年5月制定

名古屋市中川区のマスコットキャラクター

ナッピー・ハボン

中川区のマスコットキャラクターの「ナッピー」と「ハボン」。 「ナッピー」は、みんなとふれあうことが大好きな不思議な川の生き物です。 「ハボン」は、体は小さいけれど、花をきれいに咲かせることが大好きなハボタンの妖精です。 二人はとっても仲良し! 中川区のいろんな所に遊びに行くので、見つけたときは「ナッピー!」「ハボン!」と呼んであげてくださいね。

【特別養護老人ホーム】「特養」とは

特別養護老人ホームの正式名称は、「介護老人福祉施設」で、略して「特養」とも呼ばれいます。在宅での生活が困難な高齢者が介護サービスを受けながら生活する施設です。認知症にも対応し、最近では看取りまで行うところが増えてきています。

特別養護老人ホーム 特養

入居対象は、 原則として65歳以上で要介護3以上の方。

特別養護老人ホーム 特養のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市中川区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の特別養護老人ホーム一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の特別養護老人ホーム一覧