この検索条件では施設は見つかりませんでした

名古屋市中区の紹介

名古屋市中区について

名古屋市の中核に位置する区で、栄三丁目周辺には有名なデパート(三越、松坂屋)など商業施設が集中し、その南には電気街として有名な大須があります。また、名古屋城三の丸には、国の出先機関、愛知県庁、名古屋市役所などの行政機関が集中しています。また、伏見駅から栄駅の間、または丸の内駅から久屋大通駅にかけての桜通、錦通、広小路通では金融機関が林立しており、名古屋における都市銀行や地方銀行の拠点がこれらの通りに面している所に集中しています。

名古屋市中区のシンボルマーク

「中」の文字をデザイン化し、飛翔する鳥の姿と縦横に走るストリートをイメージさせて、発展する中区を表現したものです。 昭和62年11月制定

名古屋市中区の花

パンジー pansy スミレ科

サンシキスミレの名でも知られ、冬から春にかけて色彩に富んだ花を咲かせます。ヨーロッパの野性スミレから改良された多年草です。 昭和62年11月制定

名古屋市中区の木

イチョウ ginkgo tree イチョウ科

秋、扇形の葉があざやかな黄に染まり、陽光を浴びてきらめきます。中国原産とされる雌雄異株の落葉高木で、種子は食用となります。 昭和62年11月制定

【介護療養型医療施設】療養病床とは

介護療養型医療施設は、略して「療養病床」とも呼ばれ、介護サービスを提供する病院や診療所。脳血管疾患や心臓疾患、がんなどの急性期治療が終わり病状は安定しているものの、長期の療養が必要な高齢者が暮らす施設です。

介護療養型医療施設 療養病床

今後2024年3月までに「介護医療院」という名称に転換される事になっています

介護療養型医療施設 療養病床のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市中区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の介護療養型医療施設一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の介護療養型医療施設一覧