ホーム > 愛知県の老人ホーム > 名古屋市の老人ホーム > 守山区の老人ホーム > 有料老人ホーム
愛知県名古屋市守山区の有料老人ホーム
64件中1〜64件表示
1
1

名古屋市守山区の紹介

名古屋市守山区について

守山区は、市の東北部に位置し、南に矢田川、北に庄内川が流れ、区の東北端の東谷山(標高198.3m)から西南に向かって丘陵地帯が広がる起伏にとんだ地形です。  豊かな水と緑のあふれる自然に恵まれ、金城学院大学や愛知県立大学、国際学園などのユニークな文教施設や各種の福祉施設も多く、自然環境のよさが生かされています。  さらに、白沢渓谷、小幡緑地公園をはじめとする公園や矢田川、庄内川の河川敷緑地、東谷山フルーツパーク、志段味スポーツランドや守山スポーツセンターなどの市民の憩いの場が多く、スポーツやレクリエーションに活用されています。  また、尾張四観音の一つである龍泉寺、市内最古の古墳である白鳥塚古墳を含む7つの古墳からなる国史跡「志段味古墳群」や、棒の手、神楽、木遣りといった郷土芸能など歴史的遺産にも恵まれ、大切に保存されています。  一方、守山スマートインターチェンジの整備や名鉄瀬戸線の立体交差事業、歴史の里の整備、人・自然・科学が調和する「志段味ヒューマン・サイエンス・タウン」など、新しいまちづくりが進められています。

名古屋市守山区のシンボルマーク

守山の頭文字「M」と「山」を 組み合わせデザイン化したもの。 丸形の「M」が区民相互のふれ あいの豊かさを、全体で鳥が大 空へ飛び出すがごとく、伸びゆ く守山を表しています。 区のイメージソング 「We LOVE MORIYAMA」 作詞・作曲:なかむらまさみ 歌:RIE

名古屋市守山区の花

桔梗(ききょう) Balloonflower ききょう科

初夏から晩秋にかけて、直径 5㎝ほどの広鐘形で青紫色の 花を咲かせます。日当たりの よい山地や野原などにみられ る多年草です。

名古屋市守山区のキャラクター

守山区マスコットキャラクター「モリスちゃん」

守山区の木どんぐりの実をいつも 持っていて、どんぐりの帽子をか ぶっています。いつも守山区を歩 き回っているため、守山区のこと なら何でも知っています。

名古屋市守山区の木

どんぐり Oak Tree ぶな科

山地に自生するクヌギ・ アベマキ・コナラなどの 実を「どんぐり」と呼ん でいます。 細長いものから丸いものまでその形はさまざまです。 昭和63年2月制定

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、20~50室ほどの各個室で介護サービスを受けながら生活をする施設です。個室にはトイレと洗面があり、リビング、ダイニング、浴室は共用となっていることが標準です。民間企業が経営している場合が多く、料金や提供するサービスも様々です。

有料老人ホームの種類

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームは、施設の介護スタッフが24時間常駐して、食事や入浴、排せつなどの介助サービスや掃除や洗濯など身の回りの世話の生活サービスを受けられる施設です。

介護付有料老人ホームのポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、入浴、排せつ、食事の介護、食事の提供などの介護サービスを外部の介護事業者と別途契約をして在宅介護保険サービスを利用する施設です。

住宅型有料老人ホームのポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市守山区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の有料老人ホーム一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の有料老人ホーム一覧