ホーム > 愛知県の老人ホーム > 名古屋市の老人ホーム > 瑞穂区の老人ホーム > 有料老人ホーム > 介護付有料老人ホーム
愛知県名古屋市瑞穂区の介護付有料老人ホーム
5件中1〜5件表示
1
1

名古屋市瑞穂区の紹介

名古屋市瑞穂区について

区の西部には、工場や事務所が多く、精密工業、近代窯業、金属加工業を中心とした企業が立地し、南北に通る堀田通と瑞穂通の中間地域には古くからの住宅が多く、買物客に便利な商店街と中小工場などの混在地域となっています。 区の中心部を通る瑞穂通以東の丘陵地には、桜の名所として名高い山崎川が流れ、緑豊かで閑静な住宅地となっています。  区の中央には、市内随一の総合運動公園があり、陸上競技場をはじめスポーツの殿堂にふさわしい施設が整っています。  区内には、名古屋市立大学をはじめ教育施設が多く所在し、博物館は当地方の歴史・民俗資料の調査・研究と展示の場として、文化振興の重要な役割を担っています。  地下鉄名城線の環状化に伴い、桜通線と合わせた効率的な交通網が整備され、より明るく住みよい文化的な生活ができる区として、進展が期待されています。

名古屋市瑞穂区のシンボルマーク

瑞穂区のイニシャル「M」を花びらにアレンジし、中央に区内の名所山崎川の清流を組み合わせ、区の限りない発展・躍進を表したものです。 昭和62年10月制定

名古屋市瑞穂区の花

サクラ Cherry Blossoms ばら科

サクラといえば、今日ではソメイヨシノをさすほどです。3月下旬から4月上旬にかけて、淡紅白色の花が枝をおおうように咲きます。 平成元年12月制定

名古屋市瑞穂区の木

サクラ Cherry Blossoms ばら科

咲き誇る春の花で親しまれているソメイヨシノですが、秋には紅葉も楽しむことができます。果実は球形で、6月頃紫黒色に熟します。 昭和62年10月制定

名古屋市瑞穂区のマスコットキャラクター

みずほっぺ

瑞穂区マスコットキャラクター「みずほっぺ」です。みずほっぺは瑞穂区の行事や広報を盛り上げるお手伝いをしていきますので、みなさん覚えてあげてください。

介護付有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、20~50室ほどの各個室で介護サービスを受けながら生活をする施設です。個室にはトイレと洗面があり、リビング、ダイニング、浴室は共用となっていることが標準です。民間企業が経営している場合が多く、料金や提供するサービスも様々です。

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームは、施設の介護スタッフが24時間常駐して、食事や入浴、排せつなどの介助サービスや掃除や洗濯など身の回りの世話の生活サービスを受けられる施設です。

介護付有料老人ホームのポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市瑞穂区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の介護付有料老人ホーム一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の介護付有料老人ホーム一覧