ホーム > 愛知県の老人ホーム > 名古屋市の老人ホーム > 港区の老人ホーム > 介護老人保健施設
愛知県名古屋市港区の介護老人保健施設
6件中1〜6件表示
1
1

名古屋市港区の紹介

名古屋市港区について

市の南西部に位置する当区は、中部圏の海の玄関であり、また、日本を代表する国際貿易港である名古屋港を擁した工業地域である一方、南陽地区を中心に農業振興地域が広がる米作地域でもあります。  ガーデンふ頭を中心にウォーターフロントを生かしたまちづくりが着々と進められ、南極をテーマにした名古屋港水族館、海洋博物館を備えたポートビルなどは、市民に親しまれる海洋文化・レクリエーションの拠点となっています。 また、名古屋港を横断する伊勢湾岸自動車道が平成10年3月に開通し、夜間美しくライトアップされた名港トリトン(名港三大橋)は新しい港のシンボルとなっています。  区の西部には、日光川公園に国内最大級のプールとしてサンビーチ日光川、花と水と自然を取り入れた施設として農業文化園、戸田川縁地にはバーベキューガーデンや、とだがわこどもランドも整備され、新たな港区の一面を見せています。  また、港文化小劇場は市民の多様な文化創造活動の場としての役割を担っています。 産業とアメニティの調和を図りながら、魅力にあふれた住みたくなるまちに変貌していく港区の今後の発展が大きく期待されています。

名古屋市港区のシンボルマーク

みなと区の「み」と、港をゆうゆうと飛ぶカモメを組み合わせたもので、区の限りない発展と躍進を希求したものです。

名古屋市港区の花

ハイビスカス Hibiscus あおい科

初夏から晩秋にかけて、新枝の葉のわきに、直径10cmから15cmほどの花を咲かせます。花色が豊富で、八重咲きの品種もみられます。 平成2年10月制定

名古屋市港区の木

クスノキ Camphor Tree くすのき科

春、黄白色の花を開きます。

名古屋市港区の木

サザンカ Camellia Sasanqua つばき科

晩秋、枝の先に花を咲かせます。野生種は白花ですが、園芸種は花色が豊富です。 昭和62年4月制定

【介護老人保健施設】「老健」とは

介護老人保健施設は、略して「老健」とも呼ばれ、認知症の高齢者専門の介護施設で、5~9人単位で認知症高齢者がグループとなり、介護を受けながら共同で生活する施設です。

介護老人保健施設「老健」

入居対象は、要介護1~5の認定を受けており、入院治療の必要がない高齢者です。

介護老人保健施設「老健」のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市港区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の介護老人保健施設一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の介護老人保健施設一覧