ホーム > 愛知県の老人ホーム > 名古屋市の老人ホーム > 緑区の老人ホーム > 特別養護老人ホーム
愛知県名古屋市緑区の特別養護老人ホーム
7件中1〜7件表示
1
  • 特別養護老人ホーム かきつばたの里

    特別養護老人ホーム(特養)

    エリア 名古屋市 緑区

    交通地下鉄桜通線「地下鉄徳重」駅より  市バス徳重14号系統乗車(約10分) → 「大清水」下車 → 徒歩すぐ
    地下鉄桜通線「地下鉄徳重」駅より  市バス徳重13号系統乗車(約10分) → 「大清水」下車 → 徒歩5分 
    地下鉄桜通線「相生山」駅より    市バス相生11号系統乗車(約25分) → 「大清水」下車 → 徒歩すぐ
    地下鉄桜通線「地下鉄鳴子北」駅より 市バス幹鳴子1号系統乗車(約25分) → 「大清水」下車 → 徒歩すぐ

    施設住所名古屋市緑区水広三丁目721番地
    入居条件
    こだわり・特徴
1

名古屋市緑区の紹介

名古屋市緑区について

緑区は名古屋市の東南部に位置し、東西に扇川、西部区界に天白川、南部に大高川が流れ、平地とゆるやかな丘陵地で形成され、大高緑地をはじめとする公園、緑地が多く、恵まれた自然環境にあります。広い範囲で土地区画整理事業が行われ、新しい市街地づくりが進むなど、めざましい発展を遂げつつあります。 一方、伝統産業として390年余の歴史を持つ<絞り>があります。また、桶狭間古戦場、大高城跡、俳人芭蕉ゆかりの史跡など、古い時代をしのぶ旧跡が多くあり、旧東海道の面影を残す有松の格子づくりの町並みは、市の町並み保存地区の第1号として指定されています。

名古屋市緑区のシンボルマーク

昭和48年4月、区制施行10周年を記念して広く区民より募集しました。 みどりの「み」と木の葉をデザイン化したもので、緑区が無限に成長する願いもこめられています。

名古屋市緑区の花

ミヤコワスレ(Gymnaster) きく科

本州以南の山地に自生するミヤマヨメナの園芸品種です。夏の初めに咲く多年草で、濃紫色花のほか淡紅色花・白色花などがあります。

名古屋市緑区の木

カエデ(Maple Tree) かえで科

秋の庭園を彩るイロハモミジは、カエデを代表する木です。4月から5月にかけて、暗赤色の小さな花が、やや垂れ下がって咲きます。

名古屋市緑区のキャラクター

緑区のマスコットキャラクター

私はみどりっち!緑区のマスコットキャラクターです。 みんなと早くお友だちになりたいので、このページでは、私のプロフィールを紹介しちゃいます。 私の頭の部分にあるマークや、洋服の模様について、覚えてもらえるとうれしいな…

【特別養護老人ホーム】「特養」とは

特別養護老人ホームの正式名称は、「介護老人福祉施設」で、略して「特養」とも呼ばれいます。在宅での生活が困難な高齢者が介護サービスを受けながら生活する施設です。認知症にも対応し、最近では看取りまで行うところが増えてきています。

特別養護老人ホーム 特養

入居対象は、 原則として65歳以上で要介護3以上の方。

特別養護老人ホーム 特養のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市緑区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の特別養護老人ホーム一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の特別養護老人ホーム一覧