この検索条件では施設は見つかりませんでした

名古屋市東区の紹介

名古屋市東区について

区の南部は、錦通・桜通を中心に、大企業の本社・支社などのビルが立ち並び、経済活動の拠点としての役割を担っており、さらに愛知芸術文化センターがあり、芸術文化の施設も充実しています。北西部から中心部にかけてはおおむね閑静な住宅地となっており、北部は、大曽根地区の都市改造など都市計画事業による新しいまちづくりがすすめられています。  東部では、高層住宅が林立しています。区内には尾張徳川家ゆかりの神社・仏閣も多く、徳川美術館や蓬左文庫には国宝、重要文化財など数々の名品が収蔵展示されています。

名古屋市東区のシンボルマーク

東(EAST)区の「E」をデザイン化し、全体の丸味は区民の和と明るい未来を象徴したものです。 昭和62年9月制定

名古屋市東区の花

ボタン Tree Peony ぼたん科

ボタン Tree Peony ぼたん科

名古屋市東区の木

モクレン Magnolia もくれん科

中国が原産地です。3月から4月ごろに花をつけます。紫紅色と白いものが代表的で、庭木などによく植えられます。 昭和63年4月制定

【介護療養型医療施設】療養病床とは

介護療養型医療施設は、略して「療養病床」とも呼ばれ、介護サービスを提供する病院や診療所。脳血管疾患や心臓疾患、がんなどの急性期治療が終わり病状は安定しているものの、長期の療養が必要な高齢者が暮らす施設です。

介護療養型医療施設 療養病床

今後2024年3月までに「介護医療院」という名称に転換される事になっています

介護療養型医療施設 療養病床のポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

名古屋市東区のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他の介護療養型医療施設一覧

名古屋市外近隣エリアのその他の介護療養型医療施設一覧