ホーム > 愛知県の老人ホーム > 春日井市の老人ホーム > グループホーム
愛知県春日井市のグループホーム
19件中1〜19件表示
1
1

春日井市の紹介

春日井市の位置・面積

位置 位置 本市は名古屋都市圏の北東部にあって、市役所の位置で東経136度58分20秒、北緯35度14分51秒、海抜24mで、名古屋市、小牧市、犬山市、瀬戸市、西春日井郡豊山町、岐阜県多治見市に接し、気候は一般に温暖です。 面積 市域は東西15.7km、南北13.7kmで、その面積は92.78km2です(面積は、平成26年に国土地理院が計測の基礎となる地図を2万5千分1地形図から電子国土基本図に切り替え、面積の精度が向上したことにより、92.71km2から修正されました。)

春日井市のシンボルマーク

市章の由来

昭和18年6月1日の市制施行を記念して一般から募集し、制定されました。 市章の外わくは、平和な桜花で「春」を、中央の日の丸は太陽のごとく燃え盛り永久に発展する「日」を、「井」は合併した町村が永遠に手を結びあっていく市民の協和を表しています。

「書のまち春日井」のマスコット

こんにちは! ぼく「道風くん」です。「とうふうくん」って読むんだよ。

平成20年の春日井まつりで、「書のまち春日井」のマスコットとして、市民のみなさんに選んでもらったんだ。ぼくのモデルは、昔、春日井で生まれたと言われている「小野道風(おののとうふう)」という字の上手な人なんだよ。 ぼくの願いは、みんなが「書」を好きになってくれること。 ぼくと一緒に「書」を楽しんでね。

春日井市の木「けやき」

大空に向かって伸びる「けやき」の生きる力とたくましさが、 将来に向かって成長する「春日井市」の無限の可能性を象徴しているとして 「けやき」を市の木としました。

春日井市の花「さくら」

市制30周年を記念して、市章の外わくに使われている「さくら」を市の花としました。 このページに

グループホームとは

グループホームの正式名称は、「認知症対応型共同生活介護」です。認知症の高齢者専門の介護施設で、5?9人単位で認知症高齢者がグループとなり、介護を受けながら共同で生活する施設です。

グループホーム 「認知症対応型共同生活介護」

グループホーム 「認知症対応型共同生活介護」は、地域密着型サービスなので地域に住民票があることが必要です。住民票を持って来ること可能です。 小規模で家庭的な環境が特徴で認知症専門のスタッフから24時間ケアを受けることができます。

グループホームのポイント・メリット・デメリットは、こちらから!

春日井市のその他の種類の老人ホーム一覧

名古屋市エリアのその他のグループホーム一覧

春日井市近隣エリアのその他のグループホーム一覧